• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 8235
  • 公開日時 : 2015/02/25 11:14
  • 印刷

ご飯がかたい。保温するとご飯がかたくておいしくない。

回答

・内釜のふちやふたパッキンに、米粒などの異物がついていると釜内の湿度が下がり、ご飯がかたくなります。
 取り除いてください。
・ご飯を保温すると、釜内の温度の上昇に伴い、水分が蒸発して、ご飯の表面が乾燥していきます。
 お召し上がりになる前に、ご飯を内釜の底からふんわりとほぐして、ご飯の表面と内部を混ぜてください。
 また、少量のご飯を保温する場合は、ご飯を内釜の中央にまとめてください。乾燥が抑えられます。
・保温設定が「一定保温(温度高めの保温)」に設定されているときは、「たべごろ保温(温度やや低めの保温)」に設定し直してください。
 ただし、「たべごろ保温」にして保温温度を低めに設定しても、保温時間が12時間を超えると、腐敗の発生をおさえるため、
 [一定保温]に自動的に移行します。
 保温ご飯のおいしさ維持、節電の為にも12時間以内にお召し上がりいただくことをおすすめします。
 (12時間を超える保温時間の消費電力量は炊飯約1回分に相当します。)
 短時間で保温を終了し、冷凍保存して電子レンジで再加熱を行った方がおいしさを維持し、さらに節電にもなります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ改善のため、ご意見をお寄せください。(200文字以内で、個人情報の記入はお控えください。)
※いただいたご意見へは返信できません。お問い合わせはページ下部のリンクからお寄せください。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください