• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 709
  • 公開日時 : 2011/11/21 19:52
  • 印刷

機種を変更した後も既設配管を再利用したい。隠蔽配管を再利用したい。できるの?

回答

既設配管、隠蔽配管の再利用ができます。
 
冷媒(R22)機種から、冷媒(R410A、R32)機種に機種変更する場合に、既設配管をそのままご利用して据付けできます。

●既設配管ご利用時の注意事項

①古いエアコンの取外しの際は、約30分間冷房運転をしてからポンプダウンしてください。
 配管内に残留する冷凍機油の量を少なくできます。
 
②配管の肉厚が0.8mm以上あることを確認してください。(新冷媒機種は圧力が高いためです)
 フレア部は新冷媒用の寸法で作り直してください。
 
③3.6kW、4.0kW、5.0kW、5.6kW機種は、別売部品の異径継手を使用して既設の液管(φ6.35)ガス管(φ12.7)を利用できます。
 
④圧縮機の焼付けや巻線の損傷等により配管内に鉄粉が生じたり、極端な油の劣化がある場合には配管洗浄の実施、または新しい配管に交換してください。
 
⑤配管の再利用については、販売店によくご相談の上、現場の確認をご依頼ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、ご意見を入力してください。(200文字以内,個人情報の入力はお控え願います。)
※製品に関するお問い合わせはページ下部のリンクからお寄せください。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください