• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5972
  • 公開日時 : 2017/05/31 20:07
  • 更新日時 : 2017/11/21 15:26
  • 印刷

入浴中に暖房を使用すると、冷風感を感じます。どうしたらよいでしょうか?

回答

・入浴中に「暖房強運転」を行うと、温風が濡れた肌に当たり、寒く感じることがあります。その場合、「暖房弱運転」でご使用いただくか、運転を停止してください。
・入浴前にすばやく浴室内を暖めたい場合は、「暖房強運転」での暖気運転をお勧めします。
・浴室内の温度が上がり過ぎると、ヒーターを停止させ送風のみの運転となります。温度が下がると再度ヒーターを運転させ温風運転となります。※故障ではありません
・浴室ドアのガラリが開いていると、冷風感を感じることがあります。ガラリを閉めてください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、ご意見を入力してください。(200文字以内,個人情報の入力はお控え願います。)
※製品に関するお問い合わせはページ下部のリンクからお寄せください。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください
長期使用製品安全点検制度 特定保守製品の登録と点検を

所有者登録はお済みですか?

バス乾燥・暖房・換気システムは、特定保守製品です。(対象の製品には、所有者票はがきが同梱されています。)
購入したら所有者登録を、10年経ったら法定点検を受けてください。

制度の詳細や、所有者登録手続き、法定点検のお申し込みについては、こちらをご参照ください。 長期使用製品安全点検制度・表示制度