• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3680
  • 公開日時 : 2015/06/26 19:31
  • 印刷

「10℃キープ暖房」とは何ですか?

回答

室内温度を10℃程度に暖めることで、
①水道管凍結を抑制したり、
②暖房立ち上げ時の無駄な消費電力量を抑制する機能です。
 
①水道管凍結を抑制 ※水道管凍結を完全に防ぐ機能ではありません。
 寒冷地では暖房を切ってしまうと室内の水道管などが凍りつくことがあります。
 「10℃キープ暖房」で室内温度を10℃程度に暖めるので
 冬の旅行など、長期にわたり家を空ける場合の水道管凍結予防などにお役立てください。
 
②暖房立ち上げ時の無駄な消費電力量を抑制
 暖房は立ち上げ時に圧縮機がフルパワー運転するため、消費電力量が一番多くかかります。
 「10℃キープ暖房」で室内温度を10℃程度に暖めておくので
 圧縮機がフルパワー運転する時間を減らすことで、無駄な消費電力量を抑制できます。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、ご意見を入力してください。(200文字以内,個人情報の入力はお控え願います。)
※製品に関するお問い合わせはページ下部のリンクからお寄せください。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください