• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 炊飯全般 』 内のFAQ

14件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 炊きあがりの合図が鳴ったら、むらし時間は必要ですか?

    『炊飯工程』の中には、「むらし工程」も入っています。    終了ブザーが鳴ったら、むらしも終わっていますので すぐに炊飯器を開けてごはんをほぐして、余分な水分を逃がしましょう。 詳細表示

    • No:2924
    • 公開日時:2015/01/29 15:55
  • 水加減の調整

    お米そのものの水分も季節によって変動します。収穫シーズンである秋口には、水分の高い新米が出回るため、水加減は水位目盛より2ミリ以内で少なめに炊いていただくことをお勧めします。 逆に春から夏にかけては、市場にあるお米の水分は低くなっています。 水加減は水位目盛より2ミリ以内で多めに炊いていただくと、美味... 詳細表示

    • No:3118
    • 公開日時:2015/01/29 14:14
  • 炊きあがりのご飯の中央がくぼんで見える。

    IH特有の内釜自体が発熱し、ご飯をつつみ込む炊き方のため、内釜のまわりのご飯が盛り上がった 炊きあがりになる場合があります。異常ではありません。 詳細表示

    • No:732
    • 公開日時:2015/01/29 11:14
    • 更新日時:2021/03/29 13:51
  • ごはんのほぐし方

    ごはんが炊きあがって15分以内に、また長時間の保温の場合などに、次の方法でごはんをほぐしていただきますと、よりおいしいごはんをお召し上がりいただけます。 詳細表示

    • No:2862
    • 公開日時:2015/02/26 16:46
  • お米の選びかた

    お好みの銘柄で、収穫年度や精米年月をチェックして購入しましょう。 精米後は時間の経過とともに質が低下するので、夏は精米後1カ月、夏以外は精米後2カ月以内で使い切る量のご購入をお勧めします。ご自身で少量ずつ精米されて冷蔵庫などに保管すると、美味しく召上がっていただけます。 詳細表示

    • No:3117
    • 公開日時:2015/01/29 14:09
  • 炊きたてのご飯が一度に食べ切らないときは?

    中央にまとめて保温いただくことも可能ですが、少量のご飯を長く保温する場合、1回の炊飯の消費電気量を超えてしまうこともございます。 保温は短時間で終了するように心がけ、余ったご飯は冷凍保存して電子レンジで再加熱を行った方が、美味しく且つ節電にもなります。 詳細表示

    • No:3119
    • 公開日時:2015/01/29 14:10
  • お米を研いだらすぐに炊いても良いのでしょうか?

    『炊飯工程』の中にお米に水を吸水させる「予熱工程」を設けているので、水にひたさなくても、すぐに炊飯できます。 (白米、無洗米、発芽米、分づき米、玄米など) 水にひたすと、やわらかめのごはんになります。 予約炊飯の場合は、吸水時間を考慮の上、「予熱工程」を調整して炊き上げます。 詳細表示

    • No:2923
    • 公開日時:2015/01/29 17:02
  • おかゆの炊き上がりは何分がゆですか?

    炊き上がりは7分がゆです。 おかゆ以外のメニューで炊かないでください。(ふきこぼれの原因になります。) 炊飯容量 0.63L(3.5合)タイプ⇒1カップまで 1.0L(5.5合)タイプ ⇒1カップまで     1.8L(10合)タイプ  ⇒1.5カップまで 中華粥を炊くことができる機種もありま... 詳細表示

    • No:2395
    • 公開日時:2015/02/26 09:25
  • 予約した時刻に炊けない

    ● 炊飯ボタンを押し忘れていませんか? ● 現在時刻は合っていますか?  →24時間表示の時計です。再確認してください。 ● 停電がありませんでしたか?(予約中や炊飯中に長めの停電があった場合は、予約時刻どおりに炊き上がらないことがあります。) 詳細表示

    • No:737
    • 公開日時:2015/01/29 11:14
  • ブッシュを紛失してしまったが炊飯はできるか?

    ふきこぼれの原因になります。販売店または最寄りの「三菱電機修理窓口」でブッシュをお求めください。 最寄の三菱電機サービスステーションは、三菱電機修理窓口でご紹介させていただきます。 詳細表示

    • No:749
    • 公開日時:2015/04/22 11:14

14件中 1 - 10 件を表示

お役立ち情報

  • よくあるご質問動画集
  • 弊社製品を安全・上手にお使いいただくために
  • スマートクォリティ、明日を、暮らしやすく
  • 地震や停電の際のご注意