• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

夏到来前にエアコンの試運転を!

もうすぐエアコンのシーズン!!シーズン前の試運転で、夏本番を安心、快適に!

実はとても簡単! エアコン試運転の3ステップとチェックポイント
夏本番を快適に過ごしていただくため、シーズン前にエアコンを試運転しましょう。

試運転で気付いてしまったニオイや奥の方の汚れは、専門業者にクリーニングのご相談を。

ご確認ください:

エアコン内部の洗浄について

当社サービス会社へのクリーニングのご用命は、修理受付センター(三菱電機システムサービス株式会社)へ。

『 除湿機 』 内のFAQ

34件中 21 - 30 件を表示

3 / 4ページ
  • コンプレッサー式とは。

    エアコンの室内機と室外機が一体に収納されたものです。吸込んだ空気が冷却器との接触により、湿気が水滴になり、タンクにたまります。(コップに冷たい水を注ぐとまわりの空気が冷やされて、コップの表面に水滴がつくことと同じです。)そして、除湿された空気が吹出し口から出ます。 詳細表示

  • 電源が入っているのに風がでてこない。

    機種・運転モード・お部屋の環境・室温・湿度によっては除湿、送風(ファン運転)、停止を自動的に切替えています。このためファン停止時は風を出しません。 詳細表示

  • タンク・本体のお手入れ

    タンク・本体が汚れたときに行ってください。柔らかい布でからぶきしてください。空気中のチリを吸込むことにより、排水ふた・タンク内側が黒ずむことがあります。汚れが落ちないときは、水またはぬるま湯で洗い、乾いた布でふいてください。お手入れが不十分な場合、タンクにカビ等が発生することがあります。 詳細表示

    • No:501
    • 公開日時:2011/11/21 19:52
    • カテゴリー: お手入れ
  • プレフィルターのお手入れ

    2週間に1回行ってください。ほこり等でプレフィルターが目詰まりすると、除湿の効率が悪くなります。2週間に1回程度汚れを掃除機で吸い取り、お手入れしてください。汚れがひどい場合は、ぬるま湯か水で洗い流しよく乾燥させてください。 詳細表示

    • No:497
    • 公開日時:2011/11/21 19:52
    • カテゴリー: お手入れ
  • なかなか設定湿度にならない

    1 お部屋が広すぎませんか?除湿可能床面積(適用床面積)の範囲でお使いください。 2 窓や出入口の開閉が多くありませんか? なるべく部屋を閉め切った状態でご使用ください。 3 石油ストーブなど、水蒸気が出るものを使用していませんか? 詳細表示

  • 部屋の中の温度が上がって暑くなった。

    除湿機には冷房能力はありません。むしろ運転中は熱を発生しますので、室温が上ります。 詳細表示

  • 銀イオンフィルターのお手入れについて(MJ-100AX,100BX,100CX,100DX)

    銀イオンフィルターは破損しやすいため、手もみはせずに、つけおいたあと軽く押し洗いをお願い致します。洗った後は、平らな場所で充分乾かしてからご使用いただくことが必要です。 半乾きで使用すると、環境条件によっては、カビが発生することがあります。 詳細表示

    • No:3110
    • 公開日時:2014/12/12 08:10
    • カテゴリー: お手入れ
  • 浴室に入れて使用できますか?

    浴室など水のかかりやすい場所では使用できません。 (防滴・防水構造ではありません。水がかかると漏電火災や 感電の原因になります) 浴室を乾燥させる場合には、脱衣所(浴室の入口)に設置し、全体に風が行き渡るように本体の向きを調整してください。 換気をせずにお使いいただくと効果的です。 詳細表示

  • お掃除サインが点灯し、運転しなくなった。(ゼオライト式のみ)

    フィルター、吸込口のお手入れ時期をお知らせしています。(150時間運転すると点滅し、更に150時間運転すると点灯し、運転が強制終了します。) 取扱説明書の「お手入れ」にしたがって掃除したあと、「ピッ」と音がするまでリセットスイッチを約3秒押して、お掃除サインを解除してください。 詳細表示

  • 押入れの中に入れて使えるか。

    押入れの中や、家具の隙間など狭い場所では、風通しが悪くなるため使用しないでください。押入れ、下駄箱の除湿にはスイングルーバーを使い、吹出し風を除湿したいところに当ててお使いください。 詳細表示

34件中 21 - 30 件を表示

お役立ち情報

  • よくあるご質問動画集
  • 弊社製品を安全・上手にお使いいただくために
  • スマートクォリティ、明日を、暮らしやすく
  • 地震や停電の際のご注意