• No : 6260
  • 公開日時 : 2018/03/22 11:01
  • 印刷

複数台の設置で他のパワーコンディショナと比べて1台のみ発電量が低い。

回答

以下①~③ いずれかの可能性が考えられます。

① 発電電力が少なくなっている時間帯に、太陽電池モジュールに屋根または電柱などで影がかかっている場合があります。影のかかり方によっては影の面積以上に発電量が低下いたします(季節によって影がかかったり、影がかからなくなったりと変化します)。このため影のかかった太陽電池モジュールと接続されているパワーコンディショナの発電量が低くなります。

② 商用電源電圧が電力会社の設定した電圧値を超えると、パワーコンディショナの出力を一時的に制限します。電圧値が正常な値に下がると通常運転に戻ります。パワーコンディショナから商用電源までの出力ケーブルの長さに大きな差がある場合、ケーブルの長いほうのパワーコンディショナにのみ出力制限がかかる場合があります。

③ パワーコンディショナの内部温度(または周囲温度)が運転可能範囲を超えて上昇すると、出力を一時的に制限します。温度が運転範囲内になると通常運転に戻ります。パワーコンディショナの周囲温度が異なる場合 (例えば複数台のパワーコンディショナを上下方向に配置し、下方のパワーコンディショナの排気熱により上方のパワーコンディショナが温められ、上方のパワーコンディショナのみ周囲温度上昇が発生した場合など)、出力制限がかかる場合があります。

②、③については、頻繁に発生する場合は、お買い上げの販売店にご相談ください。