• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 758
  • 公開日時 : 2015/01/29 11:14
  • 印刷

本炭釜フッ素加工の密着性は、本炭釜以外の従来品と比較してどうですか?

回答

密着性は従来品と変わりません。米研ぎ耐久試験では従来品と同等で約60万回の高耐久性を確認済みです。ただし、次のような使い方をするとフッ素に傷がつきはがれやすくなりますのでご注意ください。

内釜の上にザルを重ねて米を研がない。水切りをしない。
米を内釜に移すときにザル等をあてない
しゃもじについたご飯粒をふちに押し当ててとらない。
かたいものを使わない(金属製のしゃもじ・泡立て器・陶器など)
スプーンや食器類を入れて、洗いおけがわりに使わない。
内釜を本体以外の調理器(直火・電子レンジ・電磁調理器など)に使わない。
食器洗い乾燥機・食器乾燥器は使わない。
調味料を使ったら、すぐに洗う。
クレンザー・タワシ類・スポンジのナイロン面・ナイロンネット付きスポンジで洗わない。

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、ご意見を入力してください。(200文字以内,個人情報の入力はお控え願います。)
※製品に関するお問い合わせはページ下部のリンクからお寄せください。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください