• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 電池Q&A 』 内のFAQ

28件中 11 - 20 件を表示

2 / 3ページ
  • 乾電池のラベルをはがしたり、傷つけたりしても大丈夫ですか?

    アルカリ乾電池はプラス端子を兼ねる鉄製の缶にラベルを巻いています。その為、乾電池のラベルをはがしたり、傷つけたりするとショートするおそれがあり、それが原因で液漏れ、発熱、破裂するなどの危険を伴いますので、ラベルをはがしたり、傷ついた乾電池は使用しないでください。 詳細表示

    • No:1432
    • 公開日時:2012/05/16 00:00
  • 乾電池の『水銀0(ゼロ)使用』の表示は何ですか?

    『水銀0(ゼロ)使用』と表示されている乾電池は、乾電池の製造の際に水銀を使用していない添加していない)ことを表しています。 日本の各メーカーが水銀0(ゼロ)使用の乾電池の生産を開始したのは、マンガン乾電池は1991年4月から、アルカリ乾電池は1992年1月からです。 詳細表示

    • No:1423
    • 公開日時:2015/03/25 00:00
  • リチウム電池やアルカリボタン電池はどのように捨てればよいのですか?

    使用済みリチウム乾電池は、一般の不燃ゴミとして捨ててよいことになっています。 但しマンガン乾電池及びアルカリ乾電池と同様に自治体によって収集の仕方が違いますのでその指示に従ってください。 尚、リチウム電池を捨てる場合は電気容量が残っていると他の金属と接触して発熱・破裂・発火するおそれがありますので、端子部(+... 詳細表示

    • No:1443
    • 公開日時:2015/04/22 00:00
  • 乾電池の電圧をテスターで測定するとマイナスの電圧が表示されますがなぜですか?

    2個以上の乾電池を直列で使用した際に過放電状態(電池を過度に放電した状態)を継続し電圧が0V以下になるまで放電した際に起こる現象です。この現象を転極と言います。 転極は放電末期の電池で発生する現象で、電池として異常な現象ではありません。 転極は、過放電状態(電池を過度に放電した状態)、新しい電池と使用途中... 詳細表示

    • No:4382
    • 公開日時:2015/11/30 18:02
  • 機器に乾電池を入れたまま放置するのは何故いけないのですか?

    機器のスイッチの切れ忘れがあったりすると電池の無駄使いとなります。また機器によってはスイッチが入っていなくても微弱な電流が流れ続け、電池が消耗し電池の液漏れが起こり、機器を傷めることがあるからです。 詳細表示

    • No:1421
    • 公開日時:2012/05/16 00:00
  • 使用済み乾電池の捨て方は?

    使用済みのマンガン乾電池とアルカリ乾電池は、住んでいる所(各自治体)によって資源ゴミ、不燃ゴミ、有害・危険ゴミなどゴミの種類が異なります。そのため「ゴミを捨てる方法」も違います。住んでいる市町村の指示にしたがって捨ててください。 詳細表示

    • No:1442
    • 公開日時:2012/05/16 00:00
  • 乾電池を分解したり、加熱したり、火の中に投入しないでくださいといわれますが、どうしてですか?

    乾電池を分解すると、内容物で手や衣服を汚すだけでなく、目などに入ると危険です。また、加熱したり、火の中に入れたりすると、内容物が膨張して破裂することがあり、きわめて危険です。 詳細表示

    • No:1431
    • 公開日時:2015/03/24 00:00
  • 以前入れていた電池よりも寿命が短いのは何故ですか?

    ①電池の種類が適切でない場合 もともと機器に付属していた電池がアルカリ乾電池で、新しく交換した電池がマンガン乾電池の場合、 新品に交換しても短時間で放電して使えない状態になることがあります。機器の取扱説明書などに 指定されている種類の乾電池を使用してください。 ②電池を低温下で使用した場合 電池は中に入... 詳細表示

    • No:1441
    • 公開日時:2015/03/23 00:00
  • 新しい電池と使用した電池(使いかけ、使用済み)を混ぜて使うとどうなりますか?

    新しい電池と使用した電池を一緒に使うと、使用した電池のために電池全体でパワーが弱くなるだけでなく寿命も短くなります。又、使用した電池が液漏れを起こす原因となりますので電池を交換する際は全て新しい電池に交換してください。 詳細表示

    • No:1426
    • 公開日時:2015/03/24 00:00
  • アルカリ乾電池は、マンガン乾電池よりなぜ長い時間使えるのですか?(長寿命の理由)

    アルカリ乾電池とマンガン乾電池は使用材料とその形態や構造が違います。アルカリ乾電池は負極(-)活物質に使用する亜鉛が粉末であるため(マンガン電池は板状亜鉛を用いている)、大きな表面積となり、亜鉛の利用度がより高くなってマンガン乾電池に比べて大きな電流が取り出せて、しかもより沢山の電気容量が得られるためです。従って... 詳細表示

    • No:1416
    • 公開日時:2012/05/16 00:00

28件中 11 - 20 件を表示

お役立ち情報