• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 8283
  • 公開日時 : 2021/05/11 15:33
  • 印刷

パワーコンディショナに「E-52」が表示され発電しない。

回答

Kシリーズ、Lシリーズのパワーコンディショナ(形名末尾にK/K2/K3/L/L2が付く機種 例:PV-PN55K3、PV-PSM45L2など)で存在するエラー表示です。
パワーコンディショナの運転切換スイッチをいったん「停止」にし、再度「連系」にして、正常運転できるか確認ください。
正常運転できた場合は、そのままご使用ください。
「E-52」が再表示され正常運転できない場合は運転切換スイッチを「停止」にし、さらに分電盤の太陽光発電用ブレーカを「OFF」にして、お買上げの販売店に症状を連絡し修理をお申しつけください。
修理について、お買い上げの販売店へご依頼できない場合は三菱電機システムサービス株式会社へご依頼ください。
下記のURLより、三菱電機システムサービス株式会社「住宅用太陽光発電メンテナンス(保守)のお問い合わせ」のホームページへジャンプできます。
http://www.melsc.co.jp/personal/eco_life/living_lighting.html

運転切換スイッチ操作により正常運転するが、「E-52」がたびたび発生する場合は、管轄の電力会社にご相談ください。「E-52」は商用電源の乱れを検知したことにより発生する場合があります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ改善のため、ご意見をお寄せください。(200文字以内で、個人情報の記入はお控えください。)
※いただいたご意見へは返信できません。お問い合わせはページ下部のリンクからお寄せください。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください