• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 536
  • 公開日時 : 2011/11/21 19:52
  • 更新日時 : 2020/11/17 18:55
  • 印刷

台風・強風時にモノが飛んできて、もし太陽電池が割れたらどうすれば良いですか?

回答

表面(受光面)ガラスや太陽電池モジュール内部の太陽電池セルが割れた場合、修理はできません。
太陽電池モジュールの交換が必要となります。
また、割れた部分からの浸水による漏電事故や、さらなるモノの衝突によって太陽電池モジュールの取付強度が弱まり、太陽電池モジュールが落下する可能性も有り、危険な状態です。発電にも影響を及ぼす可能性がありますので、販売店に交換を依頼してください。

なお、災害による物理的な破損での太陽電池モジュールの交換はメーカー保証の対象外となります。

※モジュールとは太陽電池本体、セルとは太陽電池の基本単位で太陽電池素子そのものを指します。

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ改善のため、ご意見をお寄せください。(200文字以内で、個人情報の記入はお控えください。)
※いただいたご意見へは返信できません。お問い合わせはページ下部のリンクからお寄せください。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください