• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 7062
  • 公開日時 : 2019/07/22 08:18
  • 印刷

衣類乾燥を行う際の注意点はありますか?

回答

【注意点】                 
 ・温風(強/弱)は温風温度の違いで、風量は変化しません。
 ・浴室に窓がある場合、外気の湿度が高い場合、浴室内や外気温度が低い場合、
  浴室がタイル張りや広い場合等で衣類乾燥時間は長くなります。
 ・ポケットに可燃物(マッチやライターなど)を入れたままにすると、加熱による引火で火災の原因になります。
 ・本体(グリル)に直接衣類を吊り下げると、落下によるけがの原因や部品の破損に繋がります。
 
【衣類乾燥のコツ】

 
 
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、ご意見を入力してください。(200文字以内,個人情報の入力はお控え願います。)
※製品に関するお問い合わせはページ下部のリンクからお寄せください。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください
長期使用製品安全点検制度 特定保守製品の登録と点検を

所有者登録はお済みですか?

バス乾燥・暖房・換気システムは、特定保守製品です。(対象の製品には、所有者票はがきが同梱されています。)
購入したら所有者登録を、10年経ったら法定点検を受けてください。

制度の詳細や、所有者登録手続き、法定点検のお申し込みについては、こちらをご参照ください。 長期使用製品安全点検制度・表示制度