• No : 6097
  • 公開日時 : 2017/10/19 12:53
  • 印刷

PWM調光方式とは?

回答

   PWM(Pulse Width Modulation)調光信号は、パルスの幅(=t/T 下記参照)で調光率を表す信号です。PMW調光信号により適合器具(LED照明器具、インバータ蛍光灯器具)のランプ電流を制御し、調光する方式のことを、PWM調光方式と呼んでいます。
 
   位相制御調光方式と違い、調光により電源波が歪むことがありません。また、位相制御では素子に大きな(ランプ)電流を流すのに対して、PWM調光信号は最大電流約5mAなので、熱・騒音の発生が少ないというメリットがあります。
また、調光器1台あたりに接続できる照明器具は、位相制御調光器より多くなります。(接続台数は、カタログ・納入仕様書・取扱説明書をご参照ください。)
 
   PWM制御方式イメージ

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ改善のため、ご意見をお寄せください。(200文字以内で、個人情報の記入はお控えください。)
※いただいたご意見へは返信できません。お問い合わせはページ下部のリンクからお寄せください。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください