ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 6107
  • 公開日時 : 2017/11/22 09:16
  • 印刷

力率とはなんですか?

回答

照明器具には、低力率、高力率という種類がります。
照明器具で消費される電力〔消費電力(W)〕が、供給される電力〔定格電圧(V)x入力電流(A)〕の中で、どのくらい有効に使われているかを表す指標です。
計算式は次の通りになります。

 力率=〔消費電力(W)〕÷〔定格電圧(V)x入力電流(A)〕
 上記の式より力率を求めたとき、

 0.85以上が高力率
 0.85未満が低力率  となります。

例えば、
①定格電圧100V、入力電流1.1A、入力電力52Wの安定器の力率は計算すると0.47になり、低力率となります。
②定格電圧100V、入力電流0.54A、入力電力52Wの安定器の力率は計算すると0.96になり、高力率となります。

照明器具の設置、配線において、高力率形を搭載する器具を使用した方が、点滅回路の1回路あたりの台数が増し、各回路に用いるブレーカ等の設備費も抑えられるという利点があります。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、ご意見をご入力ください。(200文字以内)
※製品に関するお問い合わせはページ下部のリンクからお願いします。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください
製品に関するお問い合わせは[こちら]からお願いします。