ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5651
  • 公開日時 : 2017/03/08 16:29
  • 印刷

『設置ツール』を使用して、「エネルギー計測装置の設定」を確認すると、太陽光発電(PV)の計測値がマイナス表示 になってしまいます。 【HEMSの取付け工事および設定は、電気工事資格を持つ専門業者に依頼ください。】

回答

■事前の確認事項■

①太陽光発電(PV)パワコンを含む全ての発電が停止した状態で、主幹(CT1-1、CT1-2)の計測値がプラスの値になっている事を確認くしてださい。
 
太陽光発電(PV)が十分に発電している状態で確認してください。発電量が小さく、太陽光発電(PV)パワコンが停止寸前状態の場合、太陽光発電(PV)の計測値がマイナスになる場合があります。

■以下の手順を確認してください■

●CT(電流センサー)1個で計測する場合
太陽光発電(PV)用CTの取付け位置を確認してください。太陽光発電(PV)用CTはL1相(赤い電力線)に取付けます。太陽光発電(PV)回路を、分電盤の2次側分岐回路に直接取付けるタイプのブレーカに接続している場合は、ブレーカの分電盤への取付け位置 (上段か下段か)によってL1、L2が入替わる場合があるので特に注意してください。

太陽光発電(PV)用CTの向きを確認してください。太陽光発電(PV)用CTは発電方向(太陽光発電(PV)パワコンから分電盤に向かう方向)に矢印を向けて取付けます。

●CT2個でひとつの太陽光発電(PV)回路を計測する場合
太陽光発電(PV)用CTの取付け位置を確認してください。太陽光発電(PV)用CT*-1はL1相(赤い電力線)、CT*-2はL2相(黒い電力線)に取付けます。太陽光発電(PV)回路を、分電盤の2次側分岐回路に直接取付けるタイプのブレーカに接続している場合は、ブレーカの分電盤への取付け位置(上段か下段か)によってL1、L2が入替わる場合があるので特に注意してください。

太陽光発電(PV)用CTの向きを確認してください。太陽光発電(PV)用CT(CT*-1、CT*-2)は発電方向(太陽光発電(PV)パワコンから分電盤に向かう方向)に矢印を向けて取り付けます。

 ※ 「*」には端子番号が入ります。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、ご意見をご入力ください。(200文字以内)
※製品に関するお問い合わせはページ下部のリンクからお願いします。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください
製品に関するお問い合わせは[こちら]からお願いします。