ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3760
  • 公開日時 : 2015/09/01 11:34
  • 印刷

室外機から水や白い煙(湯気)が出る

回答

暖房運転をしていると、室外機から水や湯気が出ることがあります。
暖房運転をしますと、室外機の熱交換器に霜がつきます。
室外機の熱交換器に霜がつきますと、お部屋を温める能力が低下します。
これを防止するために、エアコンは霜取り運転を自動で行っています。
霜取り運転中は冷たい風が出るのを防ぐため、室内機のフラップが水平になり風が止まります。
室外機の霜が融ける時に湯気が出たり、また融ける水が室外機から流れ出ます。
この室外機の霜が融ける時の湯気が白い煙に見えることがあります。
故障ではありませんが、霜取り時の排水でお困りの時は
お買い上げの販売店様に排水工事をご相談ください。
また霜取りが終わると、暖房運転を再開します。
 
 また、ホームページの「よくある質問動画集」の
「室外機から水や白い煙(湯気)」を参照してください。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、ご意見をご入力ください。(200文字以内)
※製品に関するお問い合わせはページ下部のリンクからお願いします。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください
製品に関するお問い合わせは[こちら]からお願いします。