• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3760
  • 公開日時 : 2015/09/01 11:34
  • 更新日時 : 2019/08/07 11:50
  • 印刷

室外機から水や白い煙(湯気)が出る

回答

暖房運転すると、室外機の熱交換器は非常に冷たくなり、空気中の水蒸気が霜となって熱交換器表面に付着します。
霜が多くなると、空気の流れが妨げられ、効率よい熱交換ができなくなり、お部屋を温める能力が低下します。これを防止するために、エアコンは霜取り運転を自動で行います。
その際、霜が融ける時に湯気が出たり、湯気が白煙に見えたり、また霜が融けて室外機から水が流れ出たりします。
 
故障ではありませんが、霜取り時の排水でお困りの時は、「お買上げの販売店」に排水工事をご相談ください。
 
 また、ホームページの「よくある質問動画集」の
「室外機から水や白い煙(湯気)」を参照してください。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、ご意見を入力してください。(200文字以内,個人情報の入力はお控え願います。)
※製品に関するお問い合わせはページ下部のリンクからお寄せください。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください