ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1417
  • 公開日時 : 2012/05/17 00:00
  • 印刷

乾電池は保管しておくだけで自然に放電するのですか?

回答

電池は使用しなくても内部で化学反応が起こり、時間の経過と共に少しづつ電気容量(機器に使用して寿命になるまでの電気量)が減っていきます。これを自己放電と言います。自己放電は保存する条件で異なります。 (保管する期間が使用推奨期限内であればJISで規定する持続時間等の性能は満足します)

温度・湿度の高い所では自己放電は大きくなりますので、保管するときはなるべく温度の低い、湿気の少ない所を選んでください。但し、冷蔵庫に保管すると電池が結露し、水滴により正極(+極)と負極(-極)がつながり電池が消耗したり、サビが発生する原因となるので避けてください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、ご意見をご入力ください。(200文字以内)
※製品に関するお問い合わせはページ下部のリンクからお願いします。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください
製品に関するお問い合わせは[こちら]からお願いします。