ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1416
  • 公開日時 : 2012/05/16 00:00
  • 印刷

アルカリ乾電池は、マンガン乾電池よりなぜ長い時間使えるのですか?(長寿命の理由)

回答

アルカリ乾電池とマンガン乾電池は使用材料とその形態や構造が違います。アルカリ乾電池は負極(-)活物質に使用する亜鉛が粉末であるため(マンガン電池は板状亜鉛を用いている)、大きな表面積となり、亜鉛の利用度がより高くなってマンガン乾電池に比べて大きな電流が取り出せて、しかもより沢山の電気容量が得られるためです。従ってアルカリ乾電池は大きな力(大電流)を連続して必要とする機器に適していると言えます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、ご意見を入力してください。(200文字以内,個人情報の入力はお控え願います。)
※製品に関するお問い合わせはページ下部のリンクからお寄せください。
ご入力していただいた内容を送信するために、以下のいずれかの評価ボタンを押してください

お問い合わせ窓口