ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 本炭釜 』 内のFAQ

6件中 1 - 6 件を表示

1 / 1ページ
  • 本炭釜内釜に割れ、欠け、ヒビが小さい傷が発生した場合はどうしたらよいか?

     小さい傷もご使用に伴い、拡大する可能性があります。水漏れ等は本体故障の原因になります。使用を中止し、お早めにお買い上げの販売店、もしくは「三菱電機修理窓口」で新しい本炭釜をお買求めください。炭素素材は人体に害はありませんが、破片等が口に入ると怪我の原因となることがあります。 ・最寄りのサービスステーションは、...

    • No:757
    • 公開日時:2015/01/29 11:14
  • 本炭釜内釜は割れますか?

    耐衝撃性は通常の内釜とくらべ低く、一般の陶器や土鍋と同程度です。したがいまして本炭釜内釜は割れものです。素材の特長ですので大事にお取り扱いください。 一般的に炭素材料は軽くて強いイメージがあります。それは炭素を特殊な方法で繊維状に加工した物を織り込んで樹脂で固めることによってその強度が発揮される商品が市場に...

    • No:756
    • 公開日時:2015/01/29 11:14
  • 本炭釜フッ素加工の密着性は、本炭釜以外の従来品と比較してどうですか?

    密着性は従来品と変わりません。米研ぎ耐久試験では従来品と同等で約60万回の高耐久性を確認済みです。ただし、次のような使い方をするとフッ素に傷がつきはがれやすくなりますのでご注意ください。 内釜の上にザルを重ねて米を研がない。水切りをしない。 米を内釜に移すときにザル等をあてない しゃもじについたご飯粒を...

    • No:758
    • 公開日時:2015/01/29 11:14
  • 本炭釜とは?

    1. 木炭や竹炭とは異なる純度99.9%の炭素材料で作った内釜です。耐衝撃性は一般の陶器や磁器と同程度です。割れ、ヒビ、欠けにご注意ください。       2. 本炭釜は熱伝導性に優れ、さらに遠赤外線効果が高いのが特長です。 3. 本炭釜そのものが発熱体となって、炭ならではの激沸騰と遠赤効果でお米の芯ま...

    • No:753
    • 公開日時:2015/01/29 11:14
  • 本炭釜内釜の製造工程は?

    約90日かけて焼き固めた炭素材料を(1)粗削り(2)本削り(3)フッ素コーティングし仕上げます。 ひとつひとつ職人が丹精をこめて仕上げます。

    • No:754
    • 公開日時:2015/01/29 11:14
  • 本炭釜内釜は何層にもなっているのですか?

    単一構造です。(土鍋と同じ陶磁器系です) ただし、炭釜の内面と外面にはそれぞれフッ素コーティングを施してあります。

    • No:755
    • 公開日時:2015/01/29 11:14

6件中 1 - 6 件を表示