ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 太陽光発電システム 』 内のFAQ

41件中 31 - 40 件を表示

4 / 5ページ
  • 三菱太陽光発電システムの「マルチルーフ」とは何ですか?

    通常の長方形モジュールの他に、ハーフ・台形(左右)・スリム・スリムハーフという、多彩な形状のモジュールを準備した三菱電機独特の製品ラインナップです。日本の様々な形状の屋根に、より多くのモジュールを設置して、発電面積を最大限にすることができます。 各モジュールの形状イメージは下図のようになります。 詳細表示

  • 配線工事は必要ですか?

    屋内配線工事は必要ですが、特に現行配線の張替えや特殊配線工事はございません。 但し、現在の電源が単相2線式※の場合は単相3線式※への変更配線が必要です。 また、電力会社によって系統連系の際、商用電源(電柱のトランス)に近隣地区で既に系統連系(他の太陽光発電システム)を行っている場合、並列運転ができないケースも... 詳細表示

  • 運転操作は難しくないですか?

    設置後は、日の出、日の入、天候状態に合わせて自動運転するため、面倒な操作はありません。また売電、買電も自動で行なわれます。 詳細表示

  • 売電代金の受け取りはどのようになりますか?

    売電の入金は電力会社からの銀行振り込みになります。買電と売電は相殺されずに、個別に扱われます。 詳細表示

  • 台風・強風時にモノが飛んできて、もし太陽電池が割れたらどうすれば良いですか?

    表面(受光面)ガラスや太陽電池モジュール内部の一部太陽電池セルが割れた場合、修理はできません。 太陽電池モジュールの交換が必要となります。 また、割れた部分からの浸水による漏電事故、モノの衝突により太陽電池モジュールの取付強度が弱まって太陽電池モジュール落下の可能性も有ります。 そのままでは危険な状態であり... 詳細表示

    • No:536
    • 公開日時:2011/11/21 19:52
    • 更新日時:2016/06/09 18:42
    • カテゴリー: 基礎知識
  • 太陽光発電を導入すれば、電力会社から電気を買わなくてすみますか?

    余剰買取制度と全量買取制度で条件が異なります。 余剰買取制度: 晴れた昼間に発電した電力を使用することができますので、電力会社から買う電気の量を減らすことができます。また発電した電力をご家庭で使用して、余った電力が有る場合は電力会社に売ることができます。しかし、夜間や発電量の少ない雨の日などに電気を使用する場... 詳細表示

    • No:2054
    • 公開日時:2013/07/05 09:24
    • 更新日時:2018/02/22 14:32
    • カテゴリー: 基礎知識
  • 設置に適した方位はありますか?

    日当りのよい南側の屋根に設置するのが理想的です。また、東側や西側も、南側に比べ15%ほど発電量は少なくなるものの、十分に設置に適した方位といえます。 北側の屋根への設置は、発電量が大きく低下するばかりではなく、太陽電池モジュールの反射光の方向によっては、近隣住宅の窓に差し込む可能性があるためおすすめできません。... 詳細表示

  • 設置工事の期間目安はどれくらいですか?

    屋根の形状や材質によって異なります。基本的に1~2日程度ですが、場合によってはそれ以上かかる場合もあります。立会いは特に必要ございません。但し、屋外工事の他に屋内工事(パワーコンディショナ取り付け、配線工事など)が必要です。 詳細表示

  • パワーコンディショナはうるさくないですか?

    当社のパワーコンディショナは自然空冷タイプで、外部冷却ファンが付いていないため『低騒音』でコンパクト設計になっています。電力変換効率が高く、ロスが少ないので発生熱が少なく、冷却用ファンが不要なためです。※1 騒音値は低騒音設計で30dB※2(PV-PN30K2/PN40K2/PN44KX2/PN55K2/P... 詳細表示

    • No:552
    • 公開日時:2011/11/21 19:52
    • 更新日時:2018/06/19 08:43
    • カテゴリー: 製品について
  • システム設置後のモニター設置は可能ですか?

    システム設置後でもモニター設置は可能です。 但し、データの記録はモニター設置後からとなり、モニター設置前のデータは表示できません。 また、1台のパワーコンディショナに複数のモニターを接続することはできません。 詳細表示

41件中 31 - 40 件を表示