ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 太陽光発電システム 』 内のFAQ

34件中 11 - 20 件を表示

2 / 4ページ
  • 発電状況は確認できますか?発電状況を確認出来るモニターは有りますか?

    パワーコンディショナ本体で、瞬時発電力・積算発電力を確認できます。 別売のモニター(パワーモニター、エコガイド)をご購入いただくと、より詳細な情報が確認できます。 下記のURLより「パワーモニター、エコガイド」を説明する当社ホームページへジャンプできます。 http://www.mitsubis...

  • 設置後、太陽光モジュールのおそうじは必要ですか?

    太陽電池モジュールに付着した汚れや埃は雨水によって流されますので、一般の住宅地区ではほとんど必要ありません。但し、鳥の排泄物や落ち葉などが大量に積もった場合は、それを取り除く必要が出てきますので、お買い上げの販売店にご相談ください。

  • パワーコンディショナの設置場所に制限はありますか?

    パワーコンディショナには屋内設置専用型(PV-PN30K2/PN40K2/PN44KX2/PN55K2)と屋外・屋内設置兼用型(PV-PS40K2/PS55K2/PSME55L)があります。 屋内設置専用型の場合は、高温多湿環境を避けた屋内壁面への設置になります。なお、三菱独自の密閉構造により、脱衣所・洗面...

  • 停電になると、どうなりますか?また、停電時にも電気は使えるのですか?

    停電になると自動的に運転を停止しますが、手動で自立運転に切り替えることで、日射量に応じて最大2.0~2.7kVA(100V/20~27A、K/K2/Lシリーズの場合。使用できる最大電力は機種によって異なります。)まで発電した電気を使用することができます。 ※一部の旧機種では、自立運転機能の無い機種もございます。...

    • No:544
    • 公開日時:2015/04/22 19:52
    • 更新日時:2016/06/09 18:50
    • カテゴリー: 発電について
  • 屋根ではなく、別に設備を作って設置することはできますか?

    屋根以外では、遊休地などに専用基礎と架台を使って野立て設置することができます。建築物に別設備(特殊治具など)で固定する場合は、設置強度が担保できませんので、保証ができなくなります。

  • 設置ができない地域はありますか?

    下記の地域は設置ができません。 ◆ 建築基準法で定める垂直積雪量が2.0mを超える地域(一部機種は1.0m以上) ◆ 標高2000mを超える地域 ◆ 温泉地などの腐食性物質地域 ◆ 重塩害地域(海岸より50m以内、または飛散した海水が直接かかる場所) ◆ 塩害地域でのパワーコンディショナ及び接続箱の屋外...

  • パワーコンディショナにはどんな種類がありますか?

    屋内設置専用タイプ「3.0kW」「4.0kW」「4.4kW」「5.5kW」、屋外屋内兼用タイプ「4.0kW」「5.5kW」をご用意しています。

    • No:550
    • 公開日時:2011/11/21 19:52
    • 更新日時:2016/06/09 18:55
    • カテゴリー: 製品について
  • 配線工事は必要ですか?

    屋内配線工事は必要ですが、特に現行配線の張替えや特殊配線工事はございません。 但し、現在の電源が単相2線式※の場合は単相3線式※への変更配線が必要です。 また、電力会社によって系統連系の際、商用電源(電柱のトランス)に近隣地区で既に系統連系(他の太陽光発電システム)を行っている場合、並列運転ができないケースも...

  • リサイクル法適用商品ですか?

    現在はまだ、太陽光発電システムは特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)のような法律には適用されていません。但し、一般産業廃棄物扱いとなりますので、廃棄の際は専門の廃棄業者にご依頼ください。

    • No:534
    • 公開日時:2011/11/21 19:52
    • カテゴリー: 基礎知識
  • システム設置後のモニター設置は可能ですか?

    システム設置後でもモニター設置は可能です。 但し、データの記録はモニター設置後からとなり、モニター設置前のデータは表示できません。 また、1台のパワーコンディショナに複数のモニターを接続することはできません。

34件中 11 - 20 件を表示