ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 太陽光発電システム 』 内のFAQ

34件中 11 - 20 件を表示

2 / 4ページ
  • 台風・強風時にモノが飛んできて、もし太陽電池が割れたらどうすれば良いですか?

    表面(受光面)ガラスや太陽電池モジュール内部の一部太陽電池セルが割れた場合、修理はできません。 太陽電池モジュールの交換が必要となります。 また、割れた部分からの浸水による漏電事故、モノの衝突により太陽電池モジュールの取付強度が弱まって太陽電池モジュール落下の可能性も有ります。 そのままでは危険な状態であり...

    • No:536
    • 公開日時:2011/11/21 19:52
    • 更新日時:2016/06/09 18:42
    • カテゴリー: 基礎知識
  • 曇りの日や雨の日も発電しますか?

    太陽電池モジュールは日射を受けて発電します。曇りや雨の日でも日射が太陽電池モジュールに届いていれば発電します。 ただし、晴れの日に比べると発電量は少なくなりますので電力会社から電気を買うケースが多くなります。

  • 太陽光発電を導入すれば、電力会社から電気を買わなくてすみますか?

    余剰買取制度と全量買取制度で条件が異なります。 余剰買取制度: 晴れた昼間に発電した電力を使用することが出来ますので、電力会社から買う電気の量を減らすことが出来ます。また発電した電力をご家庭で使用して、余った電力が有る場合は電力会社に売ることが出来ます。しかし、夜間や発電量の少ない雨の日などに電気を使用する場...

    • No:2054
    • 公開日時:2013/07/05 09:24
    • カテゴリー: 基礎知識
  • 太陽光発電システムを屋根に設置すると、普通の屋根より雷が落ちやすくなりますか?

    太陽光発電システムの設置で、雷が落ちやすくなることはありません。

    • No:535
    • 公開日時:2011/11/21 19:52
    • カテゴリー: 基礎知識
  • 設置ができない地域はありますか?

    下記の地域は設置ができません。 ◆ 建築基準法で定める垂直積雪量が2.0mを超える地域(一部機種は1.0m以上) ◆ 標高2000mを超える地域 ◆ 温泉地などの腐食性物質地域 ◆ 重塩害地域(海岸より50m以内、または飛散した海水が直接かかる場所) ◆ 塩害地域でのパワーコンディショナ及び接続箱の屋外...

  • 三菱太陽光発電システムの「マルチルーフ」とは何ですか?

    通常の長方形モジュールの他に、ハーフ・台形(左右)・スリム・スリムハーフという、多彩な形状のモジュールを準備した三菱電機独特の製品ラインナップです。日本の様々な形状の屋根に、より多くのモジュールを設置して、発電面積を最大限にすることができます。 各モジュールの形状イメージは下図のようになります。

  • 太陽光発電と太陽熱温水器とは、どうちがいますか?

    太陽エネルギーの利用には、光を「電気」に変換し利用する方法と「熱」に変換して利用する方法の2通りがあります。 太陽光発電:太陽の光エネルギーをシリコンなどの半導体により直接電気エネルギーに変換して利用するシステム 太陽熱温水器:太陽の熱エネルギーで水などをお湯に変えて熱エネルギーとして利用するシステム

    • No:532
    • 公開日時:2011/11/21 19:52
    • 更新日時:2016/06/09 18:17
    • カテゴリー: 基礎知識
  • 発電した電気を蓄電することはできますか?

    太陽電池は光を受けているときのみ発電を行ない、システム自体に蓄電する機能はありません。

  • 売電代金の受け取りはどのようになりますか?

    売電の入金は電力会社からの銀行振り込みになります。買電と売電は相殺されずに、個別に扱われます。

  • 停電になると、どうなりますか?また、停電時にも電気は使えるのですか?

    停電になると自動的に運転を停止しますが、手動で自立運転に切り替えることで、日射量に応じて最大2.0~2.7kVA(100V/20~27A、K/K2/Lシリーズの場合。使用できる最大電力は機種によって異なります。)まで発電した電気を使用することができます。 ※一部の旧機種では、自立運転機能の無い機種もございます。...

    • No:544
    • 公開日時:2015/04/22 19:52
    • 更新日時:2016/06/09 18:50
    • カテゴリー: 発電について

34件中 11 - 20 件を表示