• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お知らせ

『 お料理がうまくできないとき 』 内のFAQ

23件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 卵をレンジで加熱したら卵が破裂した。

    ・ 生の卵をそのまま、または殻のみを割ってレンジで加熱すると、卵が破裂して本体(ガラスやヒータ、底面プレート等)や付属品(丸皿や角皿)が割れたり、火傷や怪我の恐れがあります。 ・ レンジ加熱はマイクロ波により内部の温度を上昇させるしくみです。卵の場合は膜があり、卵黄の急激な温度上昇と膨張を逃がすことが出来ないた... 詳細表示

  • 生っぽいところと、できすぎのところが混在する。

    じゃがいもなど2個以上ゆでるときは、大きさをそろえてください。ほうれん草などの葉菜類は葉と茎を交互に重ねてください。 ★ さらに加熱したいときは、[延長]キーで時間を合わせ、様子を見ながら調理してください。(再度、[ゆでもの]キーは使わないで下さい) 詳細表示

    • No:373
    • 公開日時:2011/11/21 19:52
    • カテゴリー: ゆでもの
  • メニュー(自動)の焼き色が濃いまたは薄い。

    1 レシピ通りの分量、作り方ですか。違う分量、作り方のときは、自動では上手にできません。手動で様子を見ながら加熱してください。2 仕上がり調節を使ってください。焼き色が濃いときは仕上がり弱め、薄いときは仕上がり強めを、次回からお使いください。 詳細表示

  • オーブン・グリル料理全般:出来上がりが悪い。

    1 加熱中、ひんぱんにドアを開閉しませんでしたか。 2 他の料理ブックを使ったとき、出来上がりが多少異なる場合があります。 [RO-B1A系の場合] ・ 白角皿(底面プレート)を庫内に置いたまま調理をしていませんか。 →オーブン、グリル加熱のときは、白角皿(底面プレート)をはずしてください。(ただし、メニ... 詳細表示

  • スープを温めたら飛び散った。

    過加熱によるものと思われます。ポタージュスープなど粘りや油脂分の多い液体や、牛乳、生クリーム、コーヒー、お酒、水、ジュースなどは、加熱しすぎると、突然沸騰して飛び散ったりすることがあります。【突沸(とっぷつ)現象といいます】これを防ぐために、「加熱前にかき混ぜる」「加熱後、取り出す前に、少し時間をおく(温度を均一... 詳細表示

  • ケーキ:泡立てがうまくできない。

    ボウルやハンドミキサーに水分や油分がついていると、泡立ちが悪くなります。 詳細表示

  • 冷凍ごはんがあたたまらない。

    1 操作キーを正しく使っていますか。 2 食品の量にあった食器を使っていますか。 3 温度設定できる機種は、たとえば[左ダイヤル]で70~90℃に調節してください。 4食品を中央に置いていますか。端に置くと、上手にあたたまりません。 詳細表示

  • カレーやシチューが熱くならない/熱いところとぬるいところがある。

    ・カレーなどとろみのあるものは、ボタンやダイヤルで高め(85~90℃)に合わせて加熱後はかき混ぜてください。ラップをすると飛び散り防止になります。 ・煮物など、加熱ムラになりやすい食品は、手動レンジ「600W」でかき混ぜたり、裏返しして、様子を見ながら加熱してください。 詳細表示

  • あたためであたためても、熱くならない。

    1 ふた(陶器やガラス製など)を使っていませんか。赤外線センサーがうまく働きません。 2 食品の量が多すぎませんか。100g~500gが上手にできる分量です。 ★ もう少し加熱したいときは、[延長]キーで時間を合わせ、様子を見ながら加熱してください。 3 食品を中央に置いていますか。端に置くと、上手にあたた... 詳細表示

  • ケーキ:うまくふくらまない。

    1 卵はしっかり泡立てましたか。ハンドミキサーの先から落ちる生地で、文字が書けるくらいまで泡立てます。 2 粉を入れるとき、混ぜすぎていませんか。サックリと底からすくい上げるように混ぜます。 詳細表示

23件中 1 - 10 件を表示

お役立ち情報