ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 IHクッキングヒーター 』 内のFAQ

45件中 11 - 20 件を表示

2 / 5ページ
  • グリル使用時、必ずアルミホイルを使用しなければいけないのですか

    グリルあみにアルミホイルをセットすると、受け皿のお手入れが簡単になり、ご使用いただくことをおすすめいたします。 (アルミホイルを使用しなくても、調理に影響はありません。) *容器に入れた調理のときは、アルミホイルをセットする必要はありません。 ご注意 こんがりプレートを使用している製品では、輻...

    • No:2433
    • 公開日時:2015/02/26 17:02
    • カテゴリー: グリル
  • 吹きこぼれた汁が吸気口、排気口に入ってしまったが大丈夫でしょうか?

    ある程度の吹きこぼれについては、本体内部でためられる構造になっていますが、その量を超えますと、本体外に漏れ出します。本体の下へ漏れているようであれば、ふき取ってください。 IHクッキングヒーターは火力が強いという特長があります。 このため、吸気口より取り入れた空気を循環させることにより、本体内部の熱を排出...

  • チャイルドロック機能はありますか?

    いたずらや誤動作を防ぐため、すべてのヒーターが使えないようにロックする機能です。設定や解除の方法は機種によって異なります。取扱説明書をご参照願います。

    • No:4296
    • 公開日時:2015/11/04 10:49
    • カテゴリー: 仕様と性能
  • トッププレーとの汚れが気になるので、ヒーターの上に汚れ防止カバーを置いて、使用しても良いですか?

    なべの下に汚れ防止カバーや紙などを敷いて使用しないでください。鍋などの熱で紙等が焦げたり、安全機能が正しくはたらかず、発煙・発火の原因になります。 揚げ物調理時も、汚れ防止カバーや紙など絶対に敷かないでください。     

    • No:5384
    • 公開日時:2016/12/26 09:26
    • カテゴリー: お手入れ
  • 使用する調理器具(鍋等)は【IH用】と表示があるものなら何でもいいの?

    IHヒーターは鍋そのものを発熱させて調理しています。 発熱させるためには適切な鍋が必要で、【IH用】の表示があっても、鍋の材質や鍋底の形状・サイズによっては調理ができない場合があります。 また、鍋底が平らでない場合は正確な温度検知ができず、本体が過熱し故障するおそれがあります。(ご使用に伴い鍋底が変形する可能...

  • 沸騰前に停止してしまったり、こぼれてしまう。

    センサーが正しく働くように、湯沸しの場合下記の項目を確認してください。1) 当社推奨のケトルをお使いですか?湯沸し機能を正確に働かせるため、当社推奨のケトルをお勧めいたします。(底に水分や汚れがついていたり、底に反りがあると、推奨品でも正しく検知できないことがあります。底の水分や汚れはあらかじめよくふき取ってくだ...

    • No:349
    • 公開日時:2011/11/21 19:52
    • カテゴリー: 故障かな
  • トッププレートのお手入れ方法

    ご使用に伴い、飛び散った調理物や油などによってトッププレートは汚れてきます。 残った汚れが焼きついてこびりつかないように、ご使用の都度こまめにお手入れすることが、清潔さを保つポイントです。 ※お手入れは、トッププレートが十分に冷めてから行ってください。 [かるい汚れ] 固くしぼったふきんでふき取ってく...

    • No:346
    • 公開日時:2015/02/26 19:52
    • 更新日時:2017/08/04 15:41
    • カテゴリー: お手入れ
  • グリルで耐熱容器は使用できるの?

    市販のオーブン皿やピザ皿など、「オーブン用」または「直火用」耐熱容器、もしくは「超耐熱容器(耐熱温度差400℃以上のもの)」の内、庫内に入る直径、高さのものなら、容器ごとグリル網の上に置いて調理可能です。(庫内寸法については、取扱説明書でご確認ください。) ※急熱、急冷は避けてください。 ※調理物は片寄ら...

    • No:894
    • 公開日時:2015/04/22 17:42
    • カテゴリー: グリル
  • 総消費電力はどのくらいですか?

    工場出荷時は、いずれの機種も5800Wに設定しています。*20A機種は4000W設定です。 ピークカット機能として、総消費電力を4800Wや4000Wに切り替えることができます。切替え方法など詳細については取扱説明書をご参照願います。

    • No:4295
    • 公開日時:2015/11/04 10:49
    • カテゴリー: 仕様と性能
  • IHで汁物の温めをしていたら、突然沸騰して中身が飛び散った。

    使用する鍋や加熱物などの要因によって、沸点に達しても沸騰せず過熱状態となり、少しの振動がきっかけで液体内部から突然大きな沸騰が発生し、一気に噴出する場合があります。これを【突沸現象】といいます。 突沸現象はどのような加熱源においても発生する極まれな物理現象で、IHクッキングヒーターに限定されることではありま...

45件中 11 - 20 件を表示